オススメリンク
介護のFCについて調べるならこちらへ|まはろ これからの介護は国保中央会介護伝送ソフトを使って業務を効率化しましょう!従業員の負担を減らすことが利用者の満足に繋がります。気になった方はチェックしてみてくださいね。
介護ソフト導入で通所介護に役立ちますよ|セントワークス
開業をお考えならこちらがアドバイスしますよ|医院開業ロードマップ
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

介護事業のフランチャイズ経営が注目されています。
以前までの介護事業は、社会福祉事業の中で行われることがほとんどでした。
しかし、国や都道府県が定めた資金の中で経営することになります。
よって、制限が多いため、資金面やサービス面に限界があります。
単独で経営している介護業者もありますが、規模の小ささゆえに、利益の確保が難しい施設が多くあります。
それによって従業員への支払い賃金の引き上げも思うようにいかない部分もあります。
そこで、介護事業をビジネスチャンスととらえた業者による、介護事業のフランチャイズが登場しました。
超高齢化社会迎える日本にとって、介護事業は大きなビジネス市場です。
具体的な内容としては、デイサービス・宿泊を伴うケアサービス・老人ホームなどです。
フランチャイズに加盟すると、開業前はもちろん開業後も継続したサポートを受けることができます。
開業前には、まず事業計画を立てる必要があります。
その際には、企画・立案から資金面までアドバイスを行います。
なので、わからないことや不安な点も解消できます。
次に、施設の用地の確保と建設を提案します。
また、必要な人員の募集も援助します。
よって、募集コストの削減にもつながります。
採用の面接時には、フランチャイズ経営事業者のスタッフが立ち会います。
それによって、より優秀な人材を厳選して採用することができます。
さらに、このような介護施設は介護保険指定許可を取得する必要があります。
それによって、利用者が支払う施設利用費が軽減されます。
また、都道府県からの補助金も受けることができます。
しかし、介護保険指定許可の取得には多くの書類が必要になります。
そこで、フランチャイズ経営事業者のがその申請支援をサポートします。
なので、開業者はスムーズに事業をすすめることができます。
開業後も、スタッフの給与の計算・施設利用者の募集・電話代行など万全なスタイルで経営をバックアップします。